背中ニキビに効果のある食べ物とは

背中ニキビに効く食べ物

背中ニキビに効果のある食べ物

背中ニキビに効果のある食べ物は主に4点あります。

ビタミンAが含まれる緑黄色野菜

1点目は、ビタミンAが含まれる緑黄色野菜です。

ビタミンAは「β-カロテン」と「レチノール」の総称で、皮膚を強くしたり、細胞の老化を抑制することに効果を発揮します。
「β-カロテン」はほうれん草、にんじん、かぼちゃ、大葉、のりなど緑黄色野菜を中心とした植物性の食品に多く含まれており、「レチノール」は鳥レバーなどの動物性の食品に多く含まれています。

ビタミンB群の含まれるレバー・うなぎ・卵・納豆

2点目は、ビタミンB群の含まれるレバー・うなぎ・卵・納豆です。

ビタミンB1、B2、B6は皮膚の健康維持に欠かせない栄養素です。
また、ビタミンBとB6は脂肪の代謝を促進する働きがあるため、皮脂分泌を抑えて細胞の再生を促してくれます。
多く含まれる食品は、ビタミンB1は豚肉、レバー、豆類などです。
ビタミンB2はレバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品などに。
ビタミンB6は魚類(特にカツオやマグロなど)、レバー、バナナなどです。
ここまで読んでわかるように、おすすめの食材はビタミンBがたくさん含まれているレバーです。
レバーは肌にいいビタミンB群が一挙に摂れる優秀な食品ですね。

ビタミンCが含まれる果物や野菜

3点目は、ビタミンCが含まれる果物や野菜です。

ビタミンCは美白や、風邪を引いたときに食べる印象があると思いますが、それだけでなく肌のハリや弾力を増加させるコラーゲンを生成したり、皮膚や血管の老化を抑えるために欠かせない栄養素です。
果物(特に柑橘類やイチゴ)、野菜(特にブロッコリー、トマト、パプリカなど)、さまざまな植物性の食品に含まれています。
ただし、ビタミンCは水に溶けやすく、熱にも弱い成分なので、生で食べることをおすすめします。
水にさらしすぎたり、茹でるのではなく蒸す調理法にすると、ビタミンCが水に流れたり減少することを防げます。

ビタミンEが不極まれるナッツ類・うなぎ・アボカド

4点目は、ビタミンEが不極まれるナッツ類・うなぎ・アボカドです。

ビタミンEは抗酸化作用があり、脂質の酸化を抑制させる働きがあります。
血中のコレステロールの酸化による動脈硬化の予防も期待できるビタミンです。
血行が良くなれば代謝が促進され、肌の新陳代謝も高まってきます。
ビタミンEはナッツ類、植物油、魚介類(特にうなぎ、たらこ、青魚など)アボカドなどに多く含まれています。

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • 背中ニキビに効果のある食べ物は、ビタミンAが含まれる緑黄色野菜、ビタミンB群の含まれるレバー・うなぎ・卵・納豆、ビタミンCが含まれる果物や野菜、ビタミンEが不極まれるナッツ類・うなぎ・アボカド、である。

以上です。
大人ニキビに効く食べ物を知り、背中ニキビケアと合わせて摂取し、綺麗な背中を目指しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする